So-net無料ブログ作成
93'YAMAHAGTS1000 ブログトップ
前の10件 | -

2002年8月11日-8月20日 ヤマハGTS1000で行く北海道ツーリング 準備編 [93'YAMAHAGTS1000]

かつてYAMAHAさんが作った1993年式のGTS1000という、前輪も後輪もスイングアームという変わったバイクが存在していました。日本で最初に排気ガス対策のためのキャタライザーを装備し、燃料供給に電子制御のインジェクションを採用、モデルチェンジを繰り返していずれすべてのバイクがこの形になるだろうと思われていた瞬間もありましたが、結局一度もモデルチェンジすることもなくひっそり消えていきました。何しろBMWR100RSの新車が145万で買えたときに強気の180万円という値札がついていたのです。そりゃ売れませんわな。


IMGP2911.jpg

93年10月号のMC誌の広告。すでにバーゲンセール価格。でもこの値段。


そんな不人気バイクが我が家にいた時期もありました。弟が60万円ぐらいで買ったやつが、BMWR1150RTを買う際に場所確保のため、2002年の5月、うちに来たのです。


gts1001.jpg

SP忠男のコンバットフルエキゾースト。なので標準装備のキャタライザーはついてません。当時は排気ガス規制そのものがなかったためこれで車検に通りました。規制が厳しくなった今だとどうでしょ。-A無しモデルなのでABSは無しです。


gts61.jpg

写真が小さいのは(242x181と320x240ピクセル)原版がないから。この写真は、当時アップロードできる容量がむちゃくちゃ少なかったホームページ「私の華麗なバイク変歴」のために縮小したもので、原版は640X480ピクセルです。そうなんです。実は撮影はフィルムカメラではなく、フジのファインピックス1700Zという、150万画素、最高画質1280x1024ピクセルの初めて買ったデジカメなのです。当時の保存メモリーが最大で32MB(ギガバイトじゃないよ、メガバイトはギガバイトの1/1000サイズ)だったので撮影可能枚数を増やすため最高でも640x480で撮影してました。(まあ当時はディスプレイがブラウン管のVGAディスプレーだったので、640x480でも画面いっぱいに表示されていましたから、これで十分だったのです。)32MBメモリーだと最高画質では48枚、640x480で180枚写せました。で、コイツの元があるはずとR100RSの写真同様、家中捜索しましたが2002年のデジカメデータは発見できませんでした。ちょうどフィルムとの端境期で、多分スクラップ箱にあった、壊れた数個のHDDの中にあったのでしょう。もしかして記録したメディアがないかとも思いましたが、コイツの記録メディアはスマートメディア。ただでさえ壊れやすかったペラペラのメディアです。あったとしても今では読む方法もないし。


gts71.jpg

前輪右側面には何もありません。前輪直後がスイングアーム。というよりダブルウィッシュボーンのロアアームです。


gts41.jpg

反対側。フロントサスペンションユニットがあります。リンク式ではなく2本サスのリアと同じ構造。というよりモノサスのR100RSのリアとほぼ同構造ですな。いや、アッパーアームのある平行四辺形だから、最も近いのはスーパーセブンのフロントサスペンションです。(自転車に詳しい人ならアレックス・モールトンの平行四辺形のフロントサスとほぼ同じ仕組みといえば通じるかな。)


gts51.jpg

これがフレーム。2枚のプレートでエンジンを挟んで固定されていて、フロントアームとリアアーム、ステアリングヘッドはすべてこの2枚のプレートで支えられています。


gts91.jpg

この角度からはフロントフォークがないことはわかりません。つまり凡庸。よくZZR1100と間違えられました。


gts1009.jpg

通常のバイクだとフロントフォークチューブがある部分。このへんはハンドルへの入力を前輪に伝える役目しかありません。なのでいわゆるロア側の三叉はモンキーのやつぐらいの大きさです。上の白い部分がトップブリッジ。ロアの小ささがわかるでしょうか。ハンドルを切るとフロントフォークに当たる部分がこの小さなロアブリッジを回し、その下にあるラバージョイント(ナットが付いてる円盤)を回して

gts321.jpg
この蛇腹に伝わり前輪を左右に回転させます。真ん中にある蛇腹はサスペンションではなく、上下動する前輪と一緒に伸縮し、ハンドルと一緒に回転する、四輪のステアリングシャフトに相当するものです。奥がラジエター。通常の水冷バイクではフレームが邪魔して絶対に置けないエンジン上部という位置にあります。


gts111.JPG

フロントブレーキは6ポッドキャリパーで、ベンチレーテッドディスクとともにホイールの中心軸にあります。ここらへんはユーノスロードスターが使ってるダブルウィッシュボーンのサスペンションを横向きに付けたような構造ですね。スイングアームに沿ってブレーキホースが配置されてるため、普通のバイクの倍の長さが必要なので、ガツンと効くタイプではなく「真綿で首を絞める」ようにじわっと、それでいて強烈に効きます。(ただし、ABS付きは更にホースが長くなるため効きが悪いと聞きました)


gts1000fbrake2.jpg

フロント周りのストリップ。バイクの整備には見えますまい。(一番上の写真に黒塗りのアッパーアームが写ってます)

この構造を見れば、フルブレーキングでのフロントの沈み込みがほぼ無い理由と、ブレーキング中の左右へのステアリングとサスペンションがお互い影響を受けないことがわかり安いと思います。(フロントフォークがあるバイクだとフルブレーキング時にはサスが沈みきってしまうことと、キャリパーがディスクを掴むことでフォークチューブとアウターをこじる力が発生するため、サスが自由に動けず、ギャップがあればなすがままって感じですが、GTSの場合はフルブレーキング時に前に向かってかかる慣性力はスイングアームピボットがまっすぐ受け止めるため、サスペンションは自由に動けるので余裕でギャップに突っ込めます)なのでフルブレーキング中でもバイクを寝かして曲がることができるんです。すごいですよこれ。



gts1002.jpg

リアも片持ちだったら面白かったんですが、この辺はエンジンドナーとなったFZR1000とほぼ同じ構成。


gts81.jpg

タンクカバーの上には小物入れと給油口があります。この給油口、中にスプリングで閉じるバルブがあり、ノズルを奥まで突っ込むことでガソリンが吹き返さないようになってるんですが、今みたいにセルフがなかった時代にはいちいち説明しないとツッコミが足らず、閉じているこの蓋にガソリンが跳ね返って逆に吹き返す羽目に。あと、蓋が邪魔して油面が見えないのでガソリン残量はメーターだより。リザーブもなく、このメーターが当てにならないので200㎞ごとに入れてました。


150213 012.jpg

DSC_0021.JPG

メーターはほぼ四輪。


DSC_0425.JPG

タンク周りのストリップ。


DSC_0419.JPG

膝より上には構造材がない、フレーム(灰色の部分)構成がよく分かると思います。(この大きい写真は後年一眼レフで撮ったもの)タンクは20リッター。丸いのが燃料ポンプ。


gts1000frame.jpg

カタログより。普通のバイクでいうフレームやサスペンションなどの構造部分は白い部分だけ。左上の黒いパイプフレームはただハンドルとヘッドライト、メーターなどを位置決めしているだけです。


画期的なフロントアームは高速ではそれこそ微動だにしないほどの安定感を生み出しましたが、低速ではやたら切れ込み(これはこの時点でさえ廃番となって手に入らなかった、FZR1000と共用の130/60-ZR17という純正タイヤの代わりにつけてる120/70-ZR17のせいかも)、ちょい乗りに使うには重すぎる250kgオーバーという乾燥重量がネックとなり、あまり乗られることなく車庫に鎮座してたのですが、高速での移動が楽なGTSなら北海道一周も楽なんじゃないだろうかと思いたち、手に入れた3ヶ月後に3年ぶりに北海道ツーリングに行くことにしました。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ヤマハGTS1000のエンジン最終調整 [93'YAMAHAGTS1000]

今は手放してしまいましたが前輪片持ちサスペンションという画期的なバイク、93年式YAMAHAGTS1000に行った作業を、ハイゼット同様まだブログというものが確立してなかったためYahooのジオログに記録していましたが、読むのに苦労するのでこちらに再録いたします。文章は当時のものをそのまま使いました。2006年11月4日の作業です。*ジオログは2019年廃止されてしまったのでタイムリーでした。


GTS1000VAC1.jpg

先週に引き続きスロー調整を行います。
清掃は済んでますので、今回は4気筒の同調を行います。
また外装をはがして、タンクをホースや配線をつけたまま、このようにバイクの横にずらします。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

93年式ヤマハGTS1000のインジェクション修理 低回転でのバラつきの原因 [93'YAMAHAGTS1000]

今は手放してしまいましたが前輪片持ちサスペンションという画期的なバイク、93年式YAMAHAGTS1000に行った作業を、ハイゼット同様まだブログというものが確立してなかったためYahooのジオログに記録していましたが、読むのに苦労するのでこちらに再録いたします。(というかジオログもyahooブログも2019年に閉鎖されちゃいました。文化の消失です。)文章は当時のものをそのまま使いました。

初期のインジェクション車の修理は珍しいと思いますのでお楽しみくだされば幸いです。

GTS34.jpggts41.jpggts71.jpg

やっと暇ができたので、GTSの低速でのばらつきの原因を究明することにしました。
標高350Mの自宅では非常に調子よく、豊田市へ降りると調子悪くなります。
これをキャブに当てはめると、パイロット系の燃料通路が詰まってガソリンの流量が足りず、低速域でのガスが薄いことになるんですが,キャブの場合標高があがると空気が少なくなり相対的に燃料は濃くなるはずです。
インジェクションはどうして薄くなるんでしょうか。この辺に原因がありそうです。
さてインジェクションの場合、アイドリング専用の燃料の通路はありません。
低速域も高速域も1個のインジェクターでカバーしているのです。
キャブの常識は通用しません。
そこで私の本職(注:失業前のおはなし)の自動車で考えて見ました。
たとえばトヨタのエンジン4AGの場合、アイドル回転はエアの流量のみしか調整できません。
そのエア流量に対して適切な燃料が計算されてインジェクターにより供給され、スムーズな低速域を実現するわけです。
で、GTSも低速域のエア供給量が足りない=ガスが足りないと予想したわけです。
キャブだったらスロージェット系のガス流量が固定されているのでエア供給が足りないと逆に燃料が濃くなるんですが。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ヤマハGTS1000のエンジン不調修理 [93'YAMAHAGTS1000]

今は手放してしまいましたが前輪片持ちサスペンションという画期的なバイク、93年式YAMAHAGTS1000に行った作業を、ハイゼット同様まだブログというものが確立してなかったためYahooのジオログに記録していましたが、読むのに苦労するのでこちらに再録いたします。文章は当時のものをそのまま使いました。*ジオログは2019年廃止されてしまったのでタイムリーでした。

rightside680.jpg

2輪用のETCモニターとして、GTS1000にETCをつけたので、通勤に使おうと引っ張り出した。エンジンをかけてみるとアイドリングから2000回転までばらついている。
そういえば本格的に走ったのは去年夏に南紀一周したきりだ。
最近はこの前車検を取るためだけに40㎞ほど走っただけである。
このバイクは初期のインジェクションを搭載している。
とりあえず車に使って絶大な効果を挙げたインジェクタークリーナーをぶち込んで数日通勤してみた。
尻上がりに調子はよくなったが、やっぱりアイドリングよりちょっと上で不安定な感じ。
交差点で左折する途中でエンストしそうになったりする。
で、直接インジェクション周りにキャブクリーナーを吹き付けてみようとエアクリーナー周りをばらすことにした。
まずアッパーカウルとタンクサイドカウル(普通のバイクで言うとタンクに当たる)をつなぐボルト4本を抜く。
次にステアリング周りのカバーをはずす。
左は見えるねじをはずせば取れるのだが、右はふたを取ると中に隠しねじがある。
シートをはずし、タンクセンターカバーをはずすと見えてくるタンクサイドカウルをとめているねじをすべてはずすと、エアクリーナーとタンクが現れる。

ここまではがすとこのバイクが異常な構造をしているのがわかる。
オメガ型をした白い部分がフレームだ。
前輪と後輪はこの部分で支えられている。
その上にはタンクとエアクリーナー、メーター類が載っているだけだ。
上部構造は、入力装置であるハンドルを、乗っているライダーの必要な位置に固定するためだけに存在しているのである。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ヤマハGTS1000 のプラグ交換 [93'YAMAHAGTS1000]

今は手放してしまいましたが前輪片持ちサスペンションという画期的なバイク、93年式YAMAHAGTS1000に行った作業を、ハイゼット同様まだブログというものが確立してなかったためYahooのジオログに記録していましたが、読むのに苦労するのでこちらに再録いたします。文章は当時のものをそのまま使いました。

GTS34.jpg

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ヤマハGTS1000のFブレーキパッド交換 [93'YAMAHAGTS1000]

今は手放してしまいましたが前輪片持ちサスペンションという画期的なバイク、93年式YAMAHAGTS1000に行った作業を、ハイゼット同様まだブログというものが確立してなかったためYahooのジオログに記録していましたが、読むのに苦労するのでこちらに再録いたします。文章は当時のものをそのまま使いました。

gts41.jpg

GTS1000のフロントブレーキパッドを購入したので、交換してみることにしました。
実はこのGTS1000のFブレーキは、この車種だけの専用品で他車種と共用できないため、パッドの選択肢がありません。
手に入るのは純正品とカーボンロレーヌ、フェロード、デルタブレーキングぐらい。(売れていない上に生産中止後6年経っているので、逆にこれだけでも手に入るのが不思議?)
このバイク、フロント片持ちサスという特殊な構造なので、パッドの交換もバイクより車に近い手間がかかります。
参考になるかどうかわかりませんが交換手順を紹介します。

1:このバイクのFブレーキキャリパーは、片持ちサスという特殊な構造でディスクローターが車両中心線上にあるために、ホイールをはずさないとパッドの交換ができません。
この辺の構造や手順は4輪車の前輪そのものです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

タイヤの回転方向ってこっちでいいの? [93'YAMAHAGTS1000]

土曜日、休日出勤のついでに岡崎のバイク用品の店「SEED」で片べりしてしまったGTS1000のフロントタイヤを交換してきました。
費用を安くするためホイールだけ持っていったので30分ほどで終了。
前のタイヤはブリジストンのBT101、120/70-ZR17(実は正規のサイズは130/60-ZR17なんですが今は同サイズが販売されてませんので代用品です。)で、6200kmつかいました。

左側は5部山なんですが、右半分の溝が無くなったのです。
これはフロント片持ちサスペンションのせい?

今回選んだのはミシュランのパイロットロード2、今年出たタイヤです。
1にくらべ耐久性があがったとのことで採用。
で、疑問が。
タイヤには水はけなどの問題で回転方向があります。

ちなみに右が進行方向ですが、このパターンだと、水が中央に集まるんでは?

タイヤ面にある回転方向の矢印はあってます。

後輪は前輪と逆パターンになってるんですが・・・。
うーん、なぞだ。

シード 岡崎店


道の駅 [93'YAMAHAGTS1000]

全国的に猛暑を記録した日曜日。
久々に近所の道の駅までGTS1000を走らせました。
芋洗い状態の海水浴みたいです。
ここは幹線道路でも何でもない山の中の道の駅なんですが行くあてのないときの目的地にぴったりらしく、日曜日はいつもこんなんです。愛知県の作手(つくで)手作り村と言います。
au携帯W42CA、200万画素で撮影後メールでアップ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

S4Rと三河湾スカイラインへ [93'YAMAHAGTS1000]

日曜日、曇り空だったけど陽気がよかったので、実に半年振りにGTS1000を引っ張り出し、弟と一緒に無料化された愛知県随一の景勝地である三河湾スカイラインに行ってきました。

これまで氷点下が続いていたためや、雨天のせいでGTSは小屋の中でアイドリングさせるだけだったので、調子を心配しましたが、セル一発で始動。昨年しまいこんだときと同じく、アイドリングはばらついてますが、1000回転でスムーズに走ります。

ガソリンをいれ出発。同行する弟のバイクはドカティのモンスターS4SR(だったと思います。水冷の996のエンジン積んだやつです)。

都会に住んでいる人には申し分けないのですが、家の前からワインディングという、バイクにとっては最高の環境です。80KM/Hぐらいをキープして、家の前を走る301号線から蒲郡へ向かう473号線へ。

家は標高350Mにあるため、海岸線のスカイラインまではダウンヒルです。

フルブレーキング、フロントブレーキだけリリ-スしてリアブレーキを引きずったまま思い切り寝かせてアクセルオン。徐々にリアブレーキを開放していき車体を起こしながら5000回転でシフトアップ。下りにもかかわらず、5000回転から7000回転をキープしないとモンスターについていけません。(後で聞いたら3000回転ぐらいしか回してないよだって)

と、目の隅にピンク色が。川の両岸の桜が満開です。慌ててウィンカーを出して川岸へ。こんなに満開なのに観客はまったくいません。もったいないよー。すでに葉っぱが出ているため、たぶん来週までは持ちません。お袋に見せたかったなあ。

その後走りっぱなしでおよそ2時間。三河湾スカイライン到着です。

一路展望台を目指してアクセルオン。あれ。展望台がない。そうです。無料化とともに観光施設はすべて引き上げ。途中にあったパーキングはガードレールでふさがれ、トイレも自販機もすべて撤去され休憩できるところがありません。しかも展望台へ続く入り口はバリケードでふさがれ、かっての三河湾の絶景を見ることもかなわなくなったのです。

何を考えているんだろうねー。これじゃ寂れる一方じゃないの。無料化=こんなことなら有料のままでいてほしかった・・・。納得のいかない気持ちを抱えたまま、しょうがないのでふもとのサークルKでコーヒーブレイク。おにぎり1個をほおばり、すごすごと帰路をたどります。

帰ってからタイヤを見ると左右きっちり寝てました。全面きれいに溶けてます。そろそろバイクは引退かもと思ってましたが、まだまだいけそうです。ああー、楽しかったあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

GTS1000にGPSを [93'YAMAHAGTS1000]

ヤマハGTS1000にGPSを取り付けました。
同時にエンジン不調の原因究明と修理も完了。 これで、ETCつき、GPSつきの無敵バイクの完成です。
作業の詳細はこちら。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ducatimhr900/view/20061104

 

上のサイトが終了したので写真だけサルベージしました。

 __tn_gtsNAVI1.jpg
__tn_gtsNAVI2.jpg 

前の10件 | - 93'YAMAHAGTS1000 ブログトップ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村